【2024年最新】おすすめレンタルサーバーを徹底比較|初心者からプロまで満足のサービスをピックアップ!

PR

【2024年最新】おすすめレンタルサーバーを徹底比較|初心者からプロまで満足のサービスをピックアップ!

ウェブサイトを立ち上げたいが、どのレンタルサーバーを選べばいいか悩む方は多いです。初心者が上級者向けのサーバーを選んでしまうと、設定が困難でサイトの立ち上げもできない可能性があります。

この記事では初心者でも理解しやすいレンタルサーバーの基本知識や、種類別のおすすめレンタルサーバーを紹介します。

シンジィ
シンジィ

料金よりもブログの表示スピードやサポート体制が重要です。

記事を読めば、自分の目的やレベルに合ったレンタルサーバーを選べるようになるでしょう。

レンタルサーバーとは

レンタルサーバーは、インターネット上でウェブサイトを公開するために必要なスペースやリソースを提供するサービスです。レンタルサーバーを利用すると、企業や個人はウェブサイトやインターネットサービスを簡単に立ち上げられます。

レンタルサーバーの種類

レンタルサーバーは大きくわけて以下の4つの種類があります。

  • 共用レンタルサーバー
  • 専用レンタルサーバー
  • 仮想専用(VPS)レンタルサーバー
  • クラウドサーバー(個人向け)

共用レンタルサーバー

共用レンタルサーバーは、複数のユーザーが共同で使うサーバーのことをいいます。共用サーバーは費用が安く、ウェブサイトを始めたい方や、小さなサイトを運営している方に最適です。

シンジィ
シンジィ

初心者は共用レンタルサーバーでブログをはじめましょう。

共用サーバーの特徴を以下にまとめました。

安価で手軽に使用できる
1台あたりの料金が安価で、コストを抑えたい個人の方や小規模な企業におすすめ。設定や運用が比較的簡単で、初心者が利用しやすいサーバーです。
管理やメンテナンスはプロバイダが行う
プロバイダがサーバーの管理やメンテナンスを行うため、ユーザーはサイト運営に専念できます。専門知識がない方も、簡単にウェブサイトの運営が可能です。
セキュリティの懸念がある
他のユーザーと同じサーバーを使用するため、セキュリティの懸念があります。隣接するサイトが攻撃を受けた場合、自サイトが影響を受けることも考えられます。
リソースの共有でサーバーが不安定になる可能性がある
他のユーザーとサーバーリソースを共有するため、自サイトに影響を及ぼす可能性も。トラフィックの使用状況により、サーバー稼働が不安定になることが考えられます。

【おすすめ】代表的な共用サーバー4選

おすすめの代表的な共用サーバーを以下にまとめました。初心者の方が選ぶ場合は「サポート体制の充実度」が重要です。困ったときに手厚く対応してくれるサーバーを選びましょう。

サーバー名エックスサーバーロリポップConoHa WING
さくらサーバ
プラン名スタンダードスタンダードベーシックスタンダード
初期費用無料無料無料無料
月額費用440円(契約は3カ月から)~440円~443円(契約は3カ月から)~500円~
ディスク容量300GB450GB300GB300GB
サーバー稼働率99.99%99.99%99.99%99.99%
セキュリティWAF/国外IPアドレスブロックWAF/Web改ざん通知WAF/国外IPアドレスブロックWAF/国外IPアドレスブロック
バックアップありありありあり
サポート体制電話/メール(24時間対応)電話/チャット/メール電話/チャット/メール電話/メール
公式サイト詳細を見る詳細を見る詳細を見る詳細を見る

上記の表も参考に、共用レンタルサーバーを選びましょう。以下3つのポイントもチェックしながら選ぶことで、より自分に合ったサーバーが見つかりやすいです。

  • 利用実績(プロバイダの信頼性)
  • 表示速度と処理速度(快適で安定したサイト運用)
  • WordPressの複数利用可否(独自ドメインの取得)

専用レンタルサーバー

専用レンタルサーバーは、1台のサーバーを個人または企業で利用するサービスです。他のユーザーと共有せず単独で使用するため、快適な使い勝手と高速動作が魅力です。

専用サーバーの特徴を以下にまとめました。

自由度とカスタマイズ性に優れている
サーバーOSやソフトウェア、設定を自由に選択し変更することが可能です。自社システムに特化した環境を構築し、最適なパフォーマンスを発揮できます。
安定した運用と高いセキュリティ性が魅力
他のユーザーの影響を受けずにCPUやメモリ、ストレージなどのリソースを専有利用できます。他のユーザーとリソースを共有しないため、セキュリティのリスクが低いです。
初期費用とランニングコストが高い
共用サーバーやVPSと比較して、初期費用や月額料金が高いです。ハードウェアの購入やメンテナンス、管理コストの増大が懸念されます。
管理に専門知識が必要
管理にはOSやネットワーク、セキュリティなどの専門知識が必要です。企業が自社で管理する場合は、担当者の育成が不可欠です。

【おすすめ】代表的な専用サーバー3選

おすすめの代表的な専用レンタルサーバーを以下にまとめました。専用レンタルサーバーは、高いセキュリティが求められる大規模サイトや企業サイトに適しています。

サーバー名カゴヤマネージドカゴヤマネージド
さくらPHY(※1)
プラン名024v Dual044s Quad R2SYS-510P-MR
初期費用11,000円44,000円297,000円
ディスク容量100GB1TB64GB
メモリ8GB16GB64GB
CPU248
コントロールパネル独自独自独自
公式サイト詳細を見る詳細を見る詳細を見る

※1 さくらの専用サーバ(さくらPHYを含む)は、提供機器の保守部材の確保が困難なことから、2026年6月30日(火)に提供終了予定

仮想専用(VPS)レンタルサーバー

仮想専用(VPS)レンタルサーバーは、1台の物理的なサーバーを複数の独立した仮想環境に分割して使用するサービスです。各ユーザーは自分だけのリソースを持ち、他のユーザーと共有しないため、専用サーバーと同等の環境を得られます。

仮想専用(VPS)サーバーの特徴を以下にまとめました。

専用サーバーより安価で使用可能
専用サーバーと比較して、初期費用やランニングコストが低くなります。少額から始められ、スモールビジネスや個人で利用しやすい点もメリットです。必要に応じてリソースを拡張でき、コストパフォーマンスに優れています。
高い柔軟性と拡張性がある
リソースを柔軟に増減でき、需要に応じてサーバーのスケーリングが可能です。ウェブサイト運営や開発環境の構築、ゲームサーバー運用など、さまざまな用途に利用できます。
共有サーバーよりもリソースが限られる
1台の物理サーバーを複数のユーザーで共有するため、CPUやメモリ、ストレージなどのリソースに制限があるのがデメリット。他のユーザーの利用状況によっては、パフォーマンスの低下が懸念されます。
専用サーバーよりも管理が複雑
専用サーバーと比較して、サーバー管理の知識やスキルが必要です。OSのインストールや設定、メンテナンスなどは自分で行います。トラブル発生時は自分で解決する必要があります。

【おすすめ】代表的な仮想専用(VPS)サーバー5選

おすすめの代表的な仮想専用(VPS)サーバーを以下にまとめました。

サーバー名ConoHa VPSカゴヤ・クラウド/VPSさくらのVPSクラウドVPSお名前.comVPS(KVM)
プラン名2GB3GB2GV22GB
初期費用無料無料無料無料無料
月額費用2,033円1,760円(上限)1,795円(東京)2,035円1,446円
メモリ2GB3GB2GB2GB2GB
CPU33333
SSD100GB400GB100GB100GB200GB
公式サイト詳細を見る詳細を見る詳細を見る詳細を見る詳細を見る

クラウドサーバー(個人向け)

クラウドサーバー(個人向け)は、インターネット上でリソースを提供するサービスです。必要な分だけリソースを使えるため、初期投資を抑えつつ、事業成長に合わせてシステムを柔軟に拡張できます。

クラウドサーバーの特徴を以下にまとめました。

場所を選ばずアクセスできる
インターネット環境があれば、世界中からデータにアクセスできます。自宅やオフィス、外出先など場所を選ばず作業が可能です。
コストが抑えられる
従量課金制で必要なリソースのみ使用するため、コストを抑えられます。物理的なサーバーの管理やメンテナンスにかかる費用も削減可能です。
セキュリティの懸念がある
インターネット経由でアクセス可能なため、セキュリティのリスク増大が懸念されます。
インターネット環境に依存する
インターネット環境がない場所では、データにアクセスできません。インターネットの速度が遅い場合は操作が遅くなり、データの転送に時間を要する可能性があります。

【おすすめ】代表的なクラウドサーバー(個人向け)3選

おすすめの代表的なクラウドサーバーを以下にまとめました。

サーバー名KAGOYA FLEXALTUS BasicZenlogic ホスティング
プラン名vQuad8-H3GBIC-2
初期費用無料無料無料
月額費用15,400円3,630円9,200円
メモリ8GB2GB4GB
CPU421v
SSD100GB40GB100GB
公式サイト詳細を見る詳細を見る詳細を見る

レンタルサーバーを選ぶときのポイント

レンタルサーバーは、以下の項目を参考に選ぶことが大切です。

  • 料金
  • 性能
  • サポートの質
  • 利用実績

料金

レンタルサーバーを選ぶ際は、各レンタルサーバーのプランと料金の確認が必要です。料金の安さだけにとらわれず、自分の目的に合ったサービス内容か、必ずチェックしましょう。

レンタルサーバー料金のチェックポイントを以下にまとめました。

  • 初期費用の有無と内容(セットアップ料金など)
  • 月額利用料金と支払いプランの確認
  • 追加機能やサービスに対する料金(SSL証明書やバックアップサービスなど)
  • ドメイン取得と更新費用
  • 無料トライアル期間の有無と条件
  • 契約期間に応じた割引の有無

性能

レンタルサーバー選びでは、性能のチェックも欠かせません。高性能なレンタルサーバーは、ウェブサイトやアプリケーションのスムーズな動作に直結します。

レンタルサーバー性能のチェックポイントを以下にまとめました。

  • CPUのコア数とクロックスピード
  • RAMのサイズとタイプ
  • ストレージの容量と種類(HDD/SSD)
  • データ転送量(帯域幅)の上限
  • データベースのパフォーマンス
  • サーバーのアップタイム保証(信頼性)
  • ページロード速度(応答時間)
  • 同時接続数への対応能力

サポートの質

レンタルサーバーを選ぶ際に見逃せないのが、サポートの質です。トラブルや疑問が生じたとき、迅速かつ適切な対応をしてくれるサポート体制の有無は、重要な判断基準になります。

サポートの質のチェックポイントを以下にまとめました。

  • サポートの対応時間(24時間対応または営業時間内か)
  • サポート窓口の種類(チャットや電話、メールなど)
  • サポートスタッフの専門性と経験
  • ユーザーのレビューや評判
  • トラブル発生時の対応プロセスと解決までの平均時間
  • 緊急時の連絡体制と対応策
  • カスタマイズや設定変更の支援範囲
  • マニュアルやガイドラインの提供状況

利用実績

レンタルサーバーを選ぶ際は、信頼性や実績も重要なポイントです。多くの企業や個人が利用しているサービスは、信頼性や安定性を示す指標になります。

利用実績のチェックポイントを以下にまとめました。

  • 大手ECサイトや国内大手通信企業の利用実績
  • 国内大手通信企業による利用実績
  • 複数の教育機関での導入実績
  • オンラインゲームサーバー利用実績
  • ブログや個人サイトの利用率
  • マルチメディアコンテンツ配信の実績
  • 官公庁関連のウェブサイト運用実績

レンタルサーバーのよくある質問

レンタルサーバーのよくある質問をまとめました。

レンタルサーバーと自宅サーバーの違いは?

レンタルサーバーと自宅サーバーの最大の違いは、運用管理の責任やコスト、パフォーマンスの柔軟性が挙げられます。

レンタルサーバーと自宅サーバーの違いを以下にまとめました。

サーバーの種類運用管理コスト
パフォーマンスと自由度
レンタルサーバー事業者がサーバーを用意し、運用保守を行う月額料金で利用できる(数百~数万円)サーバーのスペックやOSを変更できないことが多い
自宅サーバーサーバーの調達や設置、設定、運用保守をすべて自分で行うサーバー本体やネットワーク機器、予備電源などの初期費用がかかるサーバーのスペックやOSを自由に選択できる

レンタルサーバー上で複数ドメインは持てる?

レンタルサーバーは複数ドメインの取得が可能です。利用するプランによって、追加料金なしで複数ドメインを設定できます。異なるウェブサイトを各ドメインに割り当てて運営可能です。

複数のドメイン取得が可能なレンタルサーバーを以下にまとめました。

サーバー名エックスサーバーロリポップConoHa WING
さくらサーバ

カゴヤ・ジャパン
複数ドメイン取得可否
ドメイン取得可能数無制限エコノミープラン:50
ライトプラン:100
無制限3無制限
サブドメイン取得可能数
(独自ドメイン1つにつき)
無制限エコノミープラン:10
ライトプラン:300
無制限ライトプラン:20
スタンダードプラン:200
無制限
公式サイト詳細を見る詳細を見る詳細を見る詳細を見る詳細を見る

レンタルサーバーのトラフィック制限とは?

レンタルサーバーのトラフィック制限とは、サーバーに設定されたデータ転送量の上限のことをいいます。サービス提供者が設ける規制の1つで、サーバーに大量のアクセスやデータのやり取りが発生した場合に適用されます。

データのやり取りとは、以下のようなイメージです。

  • ウェブサイトを閲覧するときの通信データ
  • サーバーへファイルをアップロードするときに発生するデータ
  • サーバーへファイルをダウンロードするときに発生するデータ

トラフィック制限を超えた場合、追加料金の発生またはウェブサイトのサービスが一時的に停止されるリスクがあります。レンタルサーバーを選ぶ際は、ウェブサイトの規模に合ったプランを選択しましょう。

月間ページビュー数によるトラフィック(データ転送量)の目安は以下になります。

月間ページビュー数(PV)データ転送量目安
9000PV1日あたり1.5GB
30,000PV1日あたり5GB
60,000PV1日あたり10GB
120,000PV1日あたり20GB
600,000PV1日あたり100GB

主なレンタルサーバーの転送容量制限の容量を以下にまとめました。

サーバー名転送量制限公式サイト
エックスサーバー(全プラン)無制限詳細を見る
ConoHa WING(全プラン)無制限詳細を見る
ロリポップ(全プラン)無制限詳細を見る
さくらのレンタルサーバ(全プラン)無制限詳細を見る
シン・レンタルサーバー(スタンダードプラン)900GB/日詳細を見る

無料のレンタルサーバーのデメリットは?

無料のレンタルサーバーには以下のようなデメリットがあります

  • 自動広告が表示される
  • サポートが限られる
  • サーバーの安定性が低い可能性がある
  • 突然のサービス終了が懸念される

無料のレンタルサーバーの多くはセキュリティ対策が不十分で、データ漏洩やハッキングの可能性が高まります。ビジネスが成長した際は、必要な機能やサービスへの拡張が困難になることがあります。

主な無料のレンタルサーバーのサービスを以下にまとめました。

サーバー名XREAシン・クラウドWIX
プラン名XREA Freeシン・クラウドfor FreeWIX基本機能
お試し期間なしなしなし
容量10GB10GB500MB
広告表示ありなしあり
商用利用の可否
WordPress利用可否不可
サポートの有無あり(チャット)なしあり(電話・メール・チャット)
公式サイト詳細を見る詳細を見る詳細を見る

まとめ

レンタルサーバーは、インターネット上でウェブサイトを公開するためにサーバーを借りるサービスです。主なレンタルサーバーの種類は以下の4つです。

  • 共用サーバー(初心者~企業におすすめ)
  • 専用サーバー(上級者~企業におすすめ)
  • VPSサーバー(中級者~企業におすすめ)
  • クラウドサーバー(中級者~におすすめ)

レンタルサーバーを選ぶ際は、料金や性能、サポートの質、利用実績などを考慮する必要があります。

シンジィ
シンジィ

様々なサーバーについて説明しましたが、初心者ブロガーは共用サーバーの一択になります。

適切なレンタルサーバーを選ぶと、安定したウェブサイト運営が可能です。サーバーの特徴を掴み、自分のニーズに合ったレンタルサーバーを見つけましょう。
» ブログの始め方